記事の詳細

 

長崎県北部の島、鷹島と福島で一泊二日の

タンデムツーリング楽しんできました。

今回は3号機・Vツインマグナでの旅です。

 

Vツインマグナ・タンデムツーリング

Vツインマグナ・タンデムツーリング

鷹島地図

鷹島地図

 

鷹島と福島はともに伊万里湾に浮かぶ島で、

島ですがどちらも橋で本土につながっており

船を使わず直接行けます。

どちらも長崎県松浦市に属する島ですが、

車・バイクで直接行く場合は、一度佐賀県側へ

入る必要があります。

(長崎県松浦市の御厨港、今福港からは船便もあります)

伊万里湾風景

伊万里湾風景

 

当日、佐世保市の自宅を出発。

伊万里市街地を経由して鷹島へ。

鷹島・福島も初の訪問です。

鷹島は「モンゴル村というレジャー施設がある」

とういうくらいの認識しかありません。

鷹島遠景

鷹島遠景

 

夏用のメッシュジャケットを着ているんですが、

それでも日中はやはり暑いですね。

直接風が当たる運転の私はまだいいんですが、

タンデムで後方の相方はだいぶ暑かったそうです。

長~い鷹島大橋を渡り、とりあえず一路・島の北端・モンゴル村へ。

 

モンゴル村はモンゴルをテーマにしたテーマパーク。

実は鷹島は元寇の際、モンゴル軍と日本武士団が

最後の激戦を繰り広げた地なんだそうです。

(ここら辺の知識は後で鷹島歴史民俗資料館で学習)

鷹島モンゴル村

鷹島モンゴル村風景

鷹島モンゴル村

鷹島モンゴル村風景

 

モンゴル村自体はのんびりとした感じの施設で、

オッサン的には特に目を引くようなものは

ありませんでしたが、

敷地内のモンゴルのような草原とかは

まったり過ごすにはいいかも。

風の吹く草原の向こうには、

気持ちのいい夏の青い海と小さな島が

見えていました。

モンゴル村風景

モンゴル村風景

モンゴル村観光情報

モンゴル村観光情報

 

またモンゴル村内では、カピバラやヤギなどの

「かわいい系動物」とのふれあいも楽しめます。

親子やカップルで行くといいかもです。

(モンゴル村には島内の観光・グルメ情報が載ったパンフレット等が

沢山置いてありますので最初に行った方がいいかもです)

ランチはモンゴル村近くの阿翁浦の港にある

「旅亭・吉乃や」さんで。

旅亭・吉乃や

旅亭・吉乃や

旅亭・吉乃や まぐろ丼

旅亭・吉乃や まぐろ丼

 

観光パンフレットにうまそうなマグロ丼の写真が載ってたので

行ってみました。

小鉢2品「ふぐ皮のカルパッチョと小アジの南蛮漬け」、

鯛のアラのお吸い物、メインのまぐろ丼、

デザートのきなこおはぎ、食後のコーヒー付きで

なんと1500円です。

もういちど言います

1500円です!

メインのまぐろ丼が圧巻でした。
大トロと中トロがあふれんばかり。
実は鷹島はマグロとトラフグの養殖が盛ん

なんですね。

大満足のランチの後、鷹島歴史民俗資料館へ。

元寇を中心に鷹島の歴史などが学べました。

鷹島歴史民俗資料館

鷹島歴史民俗資料館

 

前述の「モンゴル軍と日本武士団の最後の激戦」

ですが、私の認識では、

「元寇は神風が吹いて壊滅した」

というものでした。

ところが実は嵐で船団は大打撃を受けたものの、

まだ総勢10万人ほどの兵士が残っており、

ここ鷹島で日本武士団との最後の戦いが

繰り広げられていたとは驚きでした。

ここには、最近鷹島海域での発見・引き上げが続いている

モンゴル軍船の貴重な遺物なども展示されていました。

「鎌倉時代の遺物が海底から…」

凄くないですか? 一見の価値あります。

道の駅・鷹ら島

道の駅・鷹ら島

 

この後、道の駅鷹ら島にてお土産を購入した後

隣の島・福島へ向かいました。

福島編に続く…

 

まつうら観光物産協会

http://matsuura-guide.com/

鷹島モンゴル村

http://www.mongol-mura.com/

★ 旅亭・吉乃や

http://www.takashima-yoshinoya.co.jp/

★ 鷹島歴史民俗資料館

http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1227840289309/

 

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る