記事の詳細

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

群馬県嬬恋村 無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
“標高1300mの楽園”を満喫!の巻

2006年11月1日、群馬県嬬恋村・バラギ高原・無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場に行ってきました。
今回はボスと二人、長野で仕事上の打ち合わせを済ませ、その後のキャンプです。
カンパーニャ嬬恋キャンプ場は標高1300mのバラギ高原の中央、バラギ湖の湖畔にあります。
あの「高品質・低価格」をうたっている無印良品ブランドのキャンプ場です。
長野までは名神高速・中央自動車道を走り、仕事を済ませた後は国道144号線を嬬恋方向へ。
真田幸村で有名な真田の街でお昼のバーベキュー食材を購入し、一路嬬恋村へ!
鳥居 峠を越え群馬県へ進入。嬬恋村へ入るとパノラマライン(北)をバラギ高原方向へ。
パノラマラインは美しい高原風景を楽しみながら快走できる道です。

パノラマラインを快走中! 後方は浅間山(たぶん…)

午後2時頃キャンプ場到着。受付を済ませ売店で炭を購入すると、さっそくテントサイトへ。さすが“無印良品ブランド”だけあって売店が充実していました。
サイトは200サイトもある広々とした草地。バラギ湖を望む緩やかな傾斜地です。
正面には雄大な四阿山(あずまさん2354m)がそびえています。
かなりいい雰囲気のキャンプ場ですね。昔訪れたイギリスの高地の牧場を思わせる感じがあります。


キャンプ場受付&売店・レストラン

キャンプ場となりのバラギ湖は非常にさわやかです。湖岸を歩いて散策できます。

キャンプサイトとサイト横の草原 広々としてかなり気持ちいいです。
この日、11月の平日という事もあり宿泊者は我々だけ、(スタッフの方のお話ではもう一組居るということでしたがまったく見かけませんでした)広いキャンプ場を独占でした。

炊事場兼トイレ

        車椅子用トイレも有りました。          上側のサイト付近にドッグラン有り。
早速テントを設営。今回は珍しくボス所有の「ボステント1号」。ヨッシーのテントよりかなりデカイのですが、その代わり組立も少々面倒でした。
テントを設営するとバーベキュー開始。
直火は禁止なのですが、サイト内に鉄製の台が設置してありその上では火が使えるのでそこで炭火で肉・野菜を焼きました。風があるのと炭の着火に手間取りがなかなか難航しました。
結局このバーベキューに2時間近く費やしてしまいました。


「ゆかたの~きみ~は♪… つまごいと言えばたくろうやろ~」と唐突に歌いだすボス。
エアギター(フォーク)のかなり地味なアクションに注目。お腹がかゆい訳ではないです。


「ううっ寒い…」身体も寒いが懐も寒い。あと心も…あっ、これってビンゴ!?? 気温4℃の中、ほんとにどうでもいいことを考え続けるヨッシー
遅いバーベキューを済ませ、ウダウダしているとやがて日も暮れ、
「売店でまきを売ってたから、寒いし焚き火でもするか?」
とボスの提案で焚き火をやることに。
鉄の台の上でまきに火をつけると今度は案外簡単に火が着きました。
草原の真ん中で焚き火をやると、なんだか西部の開拓時代みたいでかっこいいですね。

適度にお酒も入り、燃え盛る炎を前にやがてボスの男心も点火。
気温4℃・標高1300mでアツく“男のダンディズム”について語りだすボス。
この後「ロッキー」について語ること1時間強…
野外の炎は身体だけでなく心も熱くするので要注意です。

この日の“男の夜の宴”を飾った「オヤジ系飲みフード」達。「缶入りおでん」は予想に反して食べ応えありました。

「レトルトもつ鍋1人分」に豆腐を入れ強引に2人分に増量! 肴はあぶったイカでいい…♪ 熱燗にはスルメだね。
結局夜10時ごろ就寝。かなり冷え込むことが予想されるので「フリース厚着」+「寝袋」+「毛布」で対応。
キャンプ場スタッフの方のお話によると夜中は2℃くらいまで下がるとのことでした。
よく眠れたのですが、やはり少し寒かったですね。
翌朝は6時頃起床。キャンプ場全体が朝もやにつつまれています。
朝食はガスコンロでハムエッグを作りました。
食後はガスコンロでお湯を沸かしコーヒーを。
8時前にテントを撤収するとキャンプ場をチェックアウト。

この日は朝からキャンプ場となりの管理釣場・バラギ湖でマスのルアー釣りを楽しみました。
結果はいつものごとくボウズでしたが、朝もやにつつまれた幻想的なバラギ湖での釣りは最高でした。
(このバラギ湖での釣りの詳細はピーカン!つれない釣行記で)

朝もやに包まれたバラギ湖。湖岸を散歩することができます。 幻想的な雰囲気は北欧の湖みたいです。

レンタルマウンテンバイク有ります(有料) マウンテンバイクコース
帰りは来た道(国道144号線)を戻り上田I.Cより中央自動車道を大阪方向へ。
途中、お昼は真田名物の手打ち蕎麦を144号線沿いのお店「福田」さんで。
オールそば粉の「十割そば」はなかなか美味しかったですね。
結局、西宮の自宅へ着いたのは午後8時頃でした。

十割そば天ぷらセット大盛! 食べ応えありました。


無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場まとめ 
(※詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
タイプ…高原・湖畔
サイト…草地
管理人…常駐
駐車場…無料
料金(代表的なもの)1泊・税込・・・
オートキャンプサイト 大人2100円、小学生1050円
初回のみユーザー登録料が必要 個人登録 1050円、家族登録(同居家族4人分一括で)2100円 が必要です。
設備・・・
オートキャンプサイト、炊事場、ジュース自販機、水洗トイレ、温水シャワー、コインランドリー、各種レンタル用品、売店、レストラン・バー、ライブラリー、マウンテンバイクコース、ドッグラン、管理釣場、貸しボート・カヌーなど
(※詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
ここ「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は標高1300mというかなりの高地に位置するため夏は涼しそうな場所です(逆に春と秋はかなり冷えます)。
無印良品ブランド運営のキャンプ場だけあって、施設は余計な物はないが快適でしゃれています。
サイトは草地で全体的にゆるやかに傾斜しています。
各サイトわりとゆったりとスペースがとってあり、周囲の雰囲気もかなり良く、高原の爽やかな雰囲気を充分楽しめます。併設の管理釣場・バラギ湖ではニジマス・ブラウントラウトなどが狙えますが、エサ釣り、ルアー・フライが楽しめ、簡単に釣れる子供用の釣り池もあります。
施設等は全体的に清潔で好感が持てました。宿泊・各種利用料金は安くはないですが、この内容だと充分満足できました。
ただ、施設側もうたっているようにあまり子供用遊具施設などは有りませんので小さい子供連れのキャンパーには不向きかもしれません。大人がキャンプするには必要充分な施設が整っていて快適です。かなりおすすめのキャンプ場です。
個人的にはかなり気に入っており、また絶対行きたいキャンプ場の一つですね。
バラギ湖入漁料
(※詳細はバラギ湖管理釣場のホームページをご覧下さい)
1日券4725円(税込)、半日券3675円(税込)、2時間券2625円(税込) それぞれキープ匹数が決まっています。
子供用エサ釣り池 1時間券(餌・竿付き) 1155円(税込)


お役立ちサイト
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
嬬恋村観光協会
バラギ温泉湖畔の湯
嬬恋村観光情報
浅間高原観光協会

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る