記事の詳細


管理棟とキャンプ場入り口。キャンプ場施設は全体的に南欧風?の明るい雰囲気でとてもさわやかでした。

「静岡県磐田市 竜洋海洋公園オートキャンプ場」アップ【アウトドア】

by ヨッシー
2006年10月20日、静岡県磐田市天竜川河口にある竜洋公園オートキャンプ場に泊まってきました。
今回は10月21日に浜名湖周辺の2会場で開催された「スズキミーティングin浜松」イベント参加のために利用させて頂きました。
当日は午前6時30分頃出発。今回は二輪旅で高速道路を使わずほぼ全て一般道での走行です。
枚方市、信楽高原を経由し鈴鹿スカイラインを通って四日市市街へ。
四日市からは名古屋市中心部を避けるため国道23号線を走行。豊橋市からは1号線を東へ。
途中渋滞に遭遇したり、道に迷ったりで予定を大幅に遅れた為、豊橋市内からキャンプ場へ到着が遅れる旨の電話を入れました。
結局到着は6時半頃、やっぱり静岡県は遠かった…

やっと到着…疲れました。
受付を済ませ、予約しておいた毛布を借り受けるとさっそく予約しておいたフリーサイトのほうへ。


サイトは芝生でフリーサイトのほうは好きな場所へテントを張ることができます。車はサイト脇に停められます。
駐車場所は指定されていますが、車の側にテントを張りたければそこに張ればよいので混んでなければ実質的に「電源ナシのオートキャンプサイト」です。
利用日は金曜の夜だったため、30%の平日利用割引が適用されるということで結局2100円が1470円に。これに入場料315円と毛布レンタル料210円で合計1995円。
このキャンプ場でこの料金は非常に安いですね。

今回利用したフリーサイト。広々とした芝生のどこにテントを張ってもOKです。

こちらはオートキャンプサイト。生け垣で仕切ってあり、専用の電源と流し台が付きます。

しゃれた感じのバンガロー   トレーラーハウスもあります

炊事棟 お湯が使えます(無料)   他に数組のファミリーキャンパーが楽しまれてました
すでに暗くなったサイトでテントの設営を終えると早速歩いて隣接する温泉施設「しおさい竜洋」へ。(画像は翌朝撮影)
長時間のバイク旅は排気ガスとホコリで体が汚れるのとずっと同じ姿勢で疲れるので、ツーリング後に温泉に入れるのはありがたいですね。
この「しおさい竜洋」は入浴料金大人350円。ここのお湯は天然の恵那ラジューム鉱砂や天然光明石を使用してあるそうです。低料金なので気軽に楽しめます。

温泉施設「しおさい竜洋」と併設の食堂でオーダーした静岡名産の「しらすと桜えびのかきあげ丼500円」
温泉に入った後は同じ施設内の「レストランしおさい」で晩ごはん。
静岡名産のしらすと桜えびを使ったかきあげ丼をオーダーしました。
旅・温泉・食事の次はやっぱりビールですね~
しおさい竜洋内の地場商品物産コーナーを探索。地元の野菜などが低価格で販売されているのですが、なかなか一人分というのがなくて残念です。
結局缶ビールと地元の養鶏場で作ってるチキンソーセージを購入。

地元物産販売コーナー 安かったですよ 好物のチキンソーセージ。ビールによく合う!
キャンプ場に戻り、早速ソーセージをボイルしビールをグイッ!と…
その後、旅の疲れもあり午後10時ごろには寝てしまいました。
寝袋の上にレンタル毛布をかけ、「秋キャンプの夜の冷え込み」対策もバッチリです。
翌朝6時頃起床。まずはお湯を沸かしてインスタントカフェオレを一杯。
キャンプ場での朝のコーヒーっていいですよね。

地元物産販売コーナー 安かったですよ
受付時に頂いたキャンプ場案内を読むと遠州灘の浜辺がすぐそば。
海を見に散歩に出かけてみました。
浜辺はとても広いです。沖ではシラス漁?の漁船が多数操業していました。
釣り人がたくさん居たので見ていると、3~4m前後の投げ竿にコマセカゴ無しのサビキ仕掛けを付け、投げてはシャクってます。25~30cmくらいのカマスが時々釣れてました。楽しそうです。
見ているうちに自分でもやりたくなりテントに戻って釣具を用意。30分ほどやってみましたがノーヒット…
バイク旅のため2.1mの振り出しルアーロッドしか持ってきておらず、残念なことに飛距離が稼げずポイントまで届きませんでした。

沖では多数の漁船が漁をしていました。  キャンプ場より西方向の海岸ではサーファーが波を楽しんでいました。

浜辺は釣り人達が…
気を取り直し、浜辺で海を見ながらの朝食。
昨晩「しおさい竜洋物産コーナー」で買っておいた「静岡茶のあんぱん」と持参したインスタントコーンスープです。

遠くに灯台と風力発電の風車が見えます。
朝食後テントを撤収。本日のメインイベントである「スズキミーティングin浜松」の会場に出発しました。


竜洋海洋公園オートキャンプ場 まとめ
(※詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
タイプ…海岸
サイト…芝生
管理人…常駐
駐車場…無料
料金(代表的なもの)1泊・税込・・・
オートキャンプサイト4200円(区画サイト)・6300円(キャンピングカーサイト)、
フリーサイト2100円、 バンガロー14700円、 トレーラーハウス12600円
※平日利用の場合、30%割引の適用される場合があります。
入場料金 高校生以上315円、小・中学生210円、幼児無料
設備・・・
オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガロー、トレーラーハウス、キャンプファイアー場、炊事場(お湯が使えます)、コイン式ガスコンロ、ジュース自販機、水洗トイレ、コインランドリー、コイン乾燥機、温水シャワー、お風呂、各種レンタル用品、売店、温泉(隣接)、運動公園(隣接)、AC電源(フリーサイトには無し)など
(※詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
ここ竜洋海洋公園オートキャンプ場は低料金だが施設全体の雰囲気が明るく清潔で、各種施設も整っており非常に快適なキャンプ場でした。ただ都市近郊の海岸のキャンプ場なので、夏の夜はもしかしたら騒々しいかもしれません(これはあくまでも私の推測です)。
それを考えてもかなりおすすめのキャンプ場です。すぐ前の海岸はとてもさわやかで散歩にも釣り場としても良い場所です。
また機会があったら利用してみたいですね。


お役立ちサイト
竜洋海洋公園オートキャンプサイト
しおさい竜洋
磐田市観光協会
磐田市竜洋昆虫自然観察公園

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る