記事の詳細

兵庫県波賀町・原不動滝公園キャンプ場

兵庫県波賀町・原不動滝公園キャンプ場【アウトドア】

by ヨッシー
2006年9月22日に兵庫県波賀町の原不動滝公園キャンプ場に行ってきました。
今回は波賀町(はがまち)の揖保川(いぼがわ)に今年最後の渓流釣りに泊りがけで行ってきたのですが、その際の利用です。
当日の午前中は揖保川の支流・伊沢川と染河内川でアマゴ釣りにチャレンジしました。


結果はカワムツとアブラハヤばかりで、本命のアマゴはというと超ミニサイズのものが2匹釣れたのみでしたが、それなりに楽しめました。(詳しくは「つれない釣行記」をご覧下さい)

カワムツです。ルアーで釣れました。  ちびアマゴ・きれいな魚体ですね(この後逃がしてあげました)
お昼ごろ釣りを終え、昼食は一宮町の三方地区にある「お食事処みかたの郷」でこの地域の名物「自然薯」(じねんじょ、ようするにヤマイモ)料理をいただきました。
ヘルシーな感じでなかなか良いですね。女性にうけそうです。

「自然薯御膳・1000円」すりおろした自然薯と黒豆(両方ともこの地域の名物)、筑前煮、モズク酢などヘルシー感たっぷりのメニューです。
昼食の後は、今夜宿泊予定の原不動滝公園キャンプ場へ向かいます。国道29号線を揖保川支流・引原川沿いに北上します。
揖保川はアユ釣りで有名な川で、当日もアユをねらう釣り人の姿が見られました。
途中「スーパー・サン・パルテ」と「道の駅・波賀とみなみ波賀」に立ち寄り地元の野菜などを購入。今夜のキャンプでの食材です。

「道の駅・みなみ波賀」りんごマフィン美味しいですよ  「道の駅・はが」秋ナスをゲット!
キャンプ場は原観光りんご園の先にありました。
キャンプ場へは、原観光りんご園を目指して行くと良いです。
原観光りんご園を過ぎると道は暗く細くなり一瞬「道間違えたかな?」と思ってしまいます。

             やっと看板発見!                到着ですが… 誰も居ない…

料金所はキャンプ場の奥の方にあります

炊事場と飲み物自販機の小屋 すごくきれいなトイレ。あったか便座でした。

          オートキャンプサイト(砂土)                普通キャンプサイト(砂土)
キャンプ場に着き、管理人の女性に普通キャンプ料金1200円を支払いました。
管理人の方から
「今日はお1人ですが…大丈夫ですよね?」と聞かれるヨッシー、すごく心配そうだ。
でもヨッシーは18年間独り身で、自宅でも一人なんですが…
さらに
何かあったらすぐ電話下さい…」などとやたら言われました。
しばらくキャンプ場内をブラブラしてると、再び、
何かあったら電話して下さい…」と言い残して管理人の方は下界へと去って行かれました。
あのー、私のボーダフォンはこのキャンプ場到着ずっと前から圏外なんですが…
いったい何があるのかな?気になる…
※私の見た限りでは公衆電話も見当たりませんでした。

ぽつーんとヨッシーテント…ジェイソンとか出るのか? キャンプ場非常時避難所?キャンプ場非常時って…?
テント設営後、ひと休みしてから、キャンプ場下の「波賀温泉・楓(かえで)の湯」へ。
キャンプ場をでてすぐ下が楓香荘(ふうかそう)という観光施設です。歩いて行けます。
ここでは温泉とレンタルサイクル、釣り堀、バーベキューなどが楽しめます。
施設を見物してたらおもしろいものを発見!なんと「1人バーベキューシステム!

「あなたもバーべしちゃいません?」
ひとりで…? OK…? バーべ…?
おおっ!これはもう「独り身ヨッシー」のためにあるといっても過言でない、おそらく世界初の「1人バーベキューシステム!!」やるね!楓香荘!
以前、どうしても焼肉が食べたくなって思い切って1人で焼肉店に入った時、若い女店員に「ひっ、ひとりですか?」と変な顔をされ非常に恥ずかしい思いをしたヨッシーだが、これならOKだ!看板にこんなにデカく「1人   でOK」と訴えている(この塗りつぶした空白部分が気にはなるが…)
これはもうバーべするしかない!だがフロントに駆けつけるもすでに営業時間終了!無念…
おとなしく温泉に入ることにしました。よく考えたら晩ご飯の食材買ってたもんね。
楓湯の泉質は放射能泉というものらしいです。無味無臭なお湯でした。
特筆すべき点はないのですが、すでに肌寒く感じる秋の山中での暖かい湯はありがたいですね。
ちなみに湯船の窓の下は渓谷になっています。(もっとも、窓は湯気で曇ってよく見えないのだが…)

茶店もあります(すでに閉まってましたが…)   いのししコロッケ、食ってみたいね…
キャンプ場に戻ってからさっそく夕食の準備。今夜のメニューは「マーボナスもどき」
道の駅で購入したナスとエリンギを使ってみました。
やっぱり秋はナスですね。結構おいしくできましたよ。「麻婆茄子の素」は表示されているより少なめに使って、塩コショウ・しょうゆ等で味をととのえた方が美味しいように思います。

本日の食材・なす、エリンギ、ひき肉、麻婆茄子の素(手抜き…)まず、なすとエリンギを油で炒め(ごま油がグッド)

ひき肉を炒めたら、先ほどの野菜と麻婆茄子の素を入れからめてできあがり。 

完成!味は良いですがひき肉多過ぎです。

なんとか賞を受賞!したらしい地ビール「フォレストピアの風」デュンケルタイプ。これはめっちゃ美味しいビールです。オススメ!「道の駅みなみ波賀」で購入。
翌朝は7時に起床。本当は5時起きで早朝から釣りの予定だったのだが…
朝飯はカップうどん、昨晩あまったエリンギとともに鍋に投入、煮込みます。
朝も昼も夜もしっかりよく食べるヨッシーです。

「クンクンッ…怪しい匂いがするぞ、どっから来たんだ?」
「はっ!西宮の方から釣りに…」
食後のコーヒーを飲んでいるといつのまにかワンワンパトロール隊の登場…

結局8時頃キャンプ場を出ました。
2日めの釣りの方はもうひとつってところでした。


原不動滝公園キャンプ場まとめ
タイプ…渓谷、サイト…土、管理人…日中のみ、駐車場…無料
設備)
有るもの 炊事場、ジュース自販機、水洗トイレ
無いもの シャワー、AC電源、売店(近くにある)、バンガロー、レンタル用品等
ここ原不動滝公園キャンプ場は、キャンプ場自体はそれほど特筆すべきものではなかったですが、キャンプ場内をすごくきれいな渓流が流れているので、バーベキューやデイキャンプでの水遊びにはグッドですね。
それとすぐ近くに娯楽施設がものすごく充実!(温泉、りんご狩り、レンタサイクル、バーベキュー、釣り堀、アマゴつかみ取り、滝見物ほか)しているので楽しめます。
ただし、かなり山奥なので、夏休みや連休以外の日はけっこう寂しい雰囲気です(管理人は夜不在)。特に夏休みを過ぎると宿泊者はほとんどいないそうで、ソロキャンプには向かないように思います。
逆に大人数で行く時はたぶん貸切状態でまわりに気がねしなくていいかもしれませんね。
(どっちにしても大騒ぎはダメですよ)

原不動滝…スケールの大きな滝です。一枚で全体を撮ることができませんでした


お役立ちサイト
原不動滝公園キャンプ場
楓香荘(ふうかそう・温泉、レンタサイクル他)
原観光りんご園
道の駅 はが・みなみ波賀
by ヨッシー

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る