記事の詳細

絹笠山山頂からの眺め
絹笠山山頂からの眺め

2009年5月3日、ドライブを兼ねて長崎県南部・雲仙温泉(うんぜんおんせん)と絹笠山(きぬがさやま)に登ってきました。
雲仙温泉は雲仙岳中腹の温泉街で、さわやかな高原・避暑地の雰囲気を持つ温泉街です。
温泉街の標高は700mほどあります。

関東で言えば箱根にちょっと似てますね。

image003

雲仙地獄
絹笠山に登る前に雲仙地獄を見物。

ここの見学は小学生の時以来です。野原のあちこちから熱湯がゴボゴボ音をたてながら噴出しています。硫黄の香りのする湯煙が、「温泉だなあ…」と実感させてくれます。 ここで温泉卵(4コ300円)を入手。しかし売っていたおばさんの愛想が良くないのにはちょっと苦笑いです。

それから雲仙温泉街にある雲仙公園ビジターセンター(雲仙お山の情報館)にて、雲仙周辺の自然情報収集。ここでは絹笠山を始め、普賢岳、妙見岳、雲仙地獄など雲仙周辺の散策ガイド無料パンフレットもいただけます。

雲仙温泉街はずれ
雲仙温泉街はずれ、白雲の池キャンプ場より見た絹笠山

その後、白雲の池キャンプ場に移動。駐車場に車を停め登山道へ。
絹笠山へ登るには二つの登山口があります。白雲の池キャンプ場からの道と、原生沼横からの道です。どちらの登山口もそう離れてはいないので、片方から登ってもう一方へ下山し元の登山口へ戻ることも可能です。

山頂への登山道はしっかり整備され、傾斜もそれほどでもなく「登山」というより「散策」という感じ。 ただどちらかというと原生沼からのルートの方がいくらかワイルドで登山気分が味わえるように思います。 山頂の標高は879mあるのですが、登山道出発地点の標高が700m前後なのでそれほど時間もかかりません。

今回は白雲の池キャンプ場より登り始め、山頂を経由して原生沼の方へ下山。温泉街を抜けてまたキャンプ場へ戻ってくることにしました。

絹笠山登山道

絹笠山登山道
絹笠山登山道

山頂

山頂

およそ40分ほどで山頂に到着。 山頂は公園のようになっています。ここからは国見岳、妙見岳、雲仙温泉街、千々石湾など360度の展望が楽しめます。
特に夕景が美しいそうで、以前外国人たちからはサンセットヒルと呼ばれていたそうです。

山頂広場
山頂広場

image019
仁多峠・妙見岳方面の眺め

image021
雲仙温泉街方面
image023
千々石海岸方面

山頂に着いた時点でお昼になったので、山頂広場にて持参したおにぎりと先ほど購入した温泉卵で昼食を。
眺めのいい山頂での昼食は気分がいいですね。

山頂には展望台もあったのでしばらくは周囲の眺望を楽しんだ後、今度は原生沼方向へ下山。
およそ50分ほどで原生沼登山口へ。

山から降りてから、温泉街はずれの公衆浴場(入浴料100円)にて温泉を楽しみ、白雲の池キャンプ場駐車場に戻り帰りました。

雲仙岳山系・絹笠山登山コースガイド

雲仙岳山系・絹笠山まとめ

  • 絹笠山は傾斜もゆるく、登山道もしっかり整備されているので初心者やファミリー向きの山です。
  • 山頂は見晴らしの良い広場になっているので、お弁当を食べるのに最適です。
  • 途中には水場、トイレはありません。
  • 下山後には温泉街で、立ち寄り湯やお食事、地獄見物が楽しめます。

地形図

お役立ちサイト

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る