記事の詳細

京都府宮津市・世屋高原家族旅行村キャンプ場
「涙の雨中キャンプ」の巻…

兵庫県淡路島・ウェルネスパーク五色
世屋高原家族旅行村入り口付近
2007年10月7日、京都府宮津市・世屋高原家族旅行村へ行ってきました。
今回はいつものキャンプ&釣り旅で2泊3日の予定です。


初日は宮津市・大江山にある大江山バンガロー村にてキャンプ。
2日めは朝から宮津市の海釣り公園で釣りの後、夜は同じく宮津市の世屋高原家族旅行村にてキャンプ。
最終日は舞鶴湾にて釣りの後に帰宅という予定です。
初日はお昼前に兵庫県西宮市の自宅を出発。午後4時頃大江山バンガロー村キャンプ場へ到着。この大江山バンガロー村キャンプ場は料金は安いんですが、眺望が良くてなかなかおすすめのキャンプ場でした。
この大江山バンガロー村キャンプ場の詳細なレポートはこちらから
翌朝は、7時過ぎに次の予定地、宮津市海洋つり場へ向けて出発。

     宮津市海洋つり場             舞鶴湾のグレ(メジナ)
午前中の宮津市海洋釣り場での釣りの釣果はいまひとつでした。午後からは舞鶴湾・西側へ移動。道路脇の地磯でのんびりとウキ釣りをやってみました。
大物は釣れませんでしたが、小アジや小メジナ(グレ)がコンスタントにヒットして楽しめました。

移動中見つけた宮津市海洋つり場近くの越浜海水浴場。水も砂も大変きれいでした。
大江山バンガロー村は鬼の酒呑童子伝説で有名な大江山の近くにある山上のキャンプ場です。
そのため大江山周辺には鬼伝説にまつわる観光施設もあり、見学してまわるのも楽しいかと思います。
大江山バンガロー村に到着するとさっそく管理棟で受付。
持ち込みテント宿泊・1泊1名分・300円を支払う。いまどき300円とは激安でありがたいです。
キャンプ場からはかなり眺めが良く、広場からは日本海や宮津市街が眺められます。

西舞鶴の道の駅とれとれ海鮮市場。海の幸おみやげ&食事
結局3時頃に納竿。海岸沿いにこの日の宿泊先の世屋高原家族旅行村へと向かいました。
途中、宮津市江尻のスーパー「にしがき」さんで夕食の食材を購入しました。
国道178号線・日置の集落付近で左折しいよいよ山中の道へと入っていきます。
途中の山道は離合できないほど狭い場所が数箇所ありましたが、キャンプ場への道はわかりやすく迷うことはありませんでした。
    
結局4時頃到着。管理事務所のしおぎり荘にて受付を済まし、一般テントサイト・1名分料金・1050円を支払いさっそくキャンプサイトへ。

ここ世屋高原家族旅行村にはケビン、オートキャンプサイト、一般テントサイトがあるのですが、オートキャンプサイトは休業中でした。

世屋高原家族旅行村内風景
テントを設営すると、小休止。その後テントサイト前広場のコインシャワーにて汗を流しました。結構清潔で良かったです。私のようにキャンプと一緒に釣りをする人間にとって、ササッと汗が流せるコインシャワーは非常にありがたいですね。
すっきりしたところでさっそく晩ご飯の支度開始!
今日の夕食は先ほど購入した、レトルトぼっかけうどんの具を使ったぼっかけうどんです。
「ぼっかけ」とは牛スジとこんにゃくを甘辛く煮込んだ神戸・長田地区のソウルフードです。
今回は「パック入りうどんつゆ」と「うどん生めん」を使用したので単に温めるだけ、ものすごく簡単に完成しました。
でもけっこう美味しかったですよ!
ネギを入れるとさらに良いのですが買い忘れていました。

食事を終わったところで、ビールを飲みながら秋の夜長を楽しみました。
しかし10月に入るとさすがに高原の夜は寒いですね。フリースの上着を持ってきてよかったです。
翌朝は早朝より舞鶴湾で再度釣りの予定があったので早めに就寝しました。
ところがこの夜、深夜より天候が急変。風が強くなり雨も降ってきました。
雨音とテントの揺れで目が覚め、あわててテント外に置いていた電子蚊取り器などの品々をテント内へ移動。
テント入り口のメッシュ部分からは雨が降り込んでいて入り口付近が濡れてしまっていました。

林間の一般テントサイトはナチュラルでなかなかいい感じでした。

翌朝起きると、小降りとなっていましたが依然として雨空。
昨夜は強風でテントが揺れ、大粒の雨がテントを打つ雨音も結構うるさかったのですが、それなりに眠ることはできました。
とりあえず炊事棟内でお湯を沸かし、コーヒーとパンで朝食を…

       整備された炊事棟           トイレは清潔でした。
今朝は朝一番から、雨の中濡れた装備一式を撤収しなければなりません。気の滅入る作業です。
とりあえずテント内の濡れてない荷物を車の中へ運びます。
テントから広場の車までは距離にするとわずか50mくらいなんですが、林間の苔むした土の斜面が雨で濡れていて、気を抜くと簡単に滑って転げ落ちそうです。
濡れたテントやマット関連はいったん車のそばの炊事棟に運び、ある程度水分と汚れをとってからビニール袋等に収納し車へ。
片手に傘をさし、雨の中ソロソロ歩きながらテントや装備一式を運ぶのは大変です。
結局、撤収作業にいつもの10倍くらいの時間をかけ終了。
降り続く雨の中、この時点でこの日の予定だった舞鶴湾での釣りはあきらめ、素直に自宅に戻ることにしました。
世屋高原家族旅行村・キャンプ場施設について
世屋高原家族旅行村キャンプ場の施設は充実しているようないないような…
一般テントサイトの方は林間で炊事場周辺以外は夜間照明がまったく無いので夜はかなり暗いです。
明るすぎるのもどうかと思いますが、奥の方には一基小さな照明を設置しても良いのでは?と思いました。
テントサイト斜面では特に歩道とかもないので、雨が降って地面が濡れるとつるつる滑って斜面を転げ落ちそうです。小さい子は転倒する可能性高いと思います。
その反面、テントサイトには木製の台が設置されていたり、テントサイトすぐそばに充分な数の温水コインシャワーが 設置されていたりとなかなか快適な面もありました。
炊事棟も広くよく整備されていました。
ケビンのほうは、車をそばに停められ、結構眺め良さそうな位置にあったりでなかなか快適そうな感じでしたね。

ケビンからは眺め良さそうでした。場所によっては宮津湾を一望できそうです。

  ケビン内部はわりと清潔そうでした   受付・売店・体験実習館しおぎり荘

キャンプアファイアー広場   コインシャワー棟 温水・3分・100円


<世屋高原家族旅行村キャンプ場 まとめ>
ここ「世屋高原家族旅行村キャンプ場」は、標高約500m・世屋高原の林間のキャンプ場です。森の木陰は夏でも過ごしやすいのでは?と思います。場内はとても静かでゆっくりと過ごすことができます。
ただし山中のため蚊が結構多かったので、虫除けスプレー、蚊取り線香、虫刺されの薬などの準備が必要です。
それと一般テントサイトは夜間かなり暗いので、照明器具は必須です。
あと、一般テントサイトは雨が降ると足元が滑りやすく注意が必要です。
世屋高原家族旅行村キャンプ場は、一般テントサイトはある程度キャンプ馴れした方向きかと思います。ファミリー向きではない気がします。ファミリーなら設備が整ったケビンのご利用をおすすめします。
<キャンプ場内容> (※ 詳細はしおぎり荘に問い合わせて下さい
タイプ…山間、林間
サイト…木製専用台
開設期間… 通年
予約… 体験実習館しおぎり荘 TEL:0772-27-0795 定休日:水曜
管理人… 常駐(夜間不在)
ペット… 不可
その他… 直火禁止
<料金・税込> (※ 詳細はしおぎり荘に問い合わせて下さい)
(料金は当日、窓口にて支払い) (チェックイン・15:00、 チェックアウト・10:00)
・一般テントサイト1泊・1サイト… 1050円 
・オートキャンプサイト・1泊・1サイト…3150円(電源使用の場合1050円追加)
・日帰りバーベキュー・1名…210円
・ケビン (10棟)
    4人用… 10000円、 
駐車スペース… 有り・無料
<設備>
・有るもの … テントサイト、オートキャンプサイト(2007年10月時点では休業中)、ケビン、炊事場棟、トイレ、キャンプファイヤー広場、テニスコート、売店、食堂、自販機(飲み物)、レクレーション施設(世屋高原レクレーションセンター)、温水シャワー
・無いもの … AC電源(ケビンには有り)、風呂 
・近所に有るもの…    
(※詳細はしおぎり荘に問い合わせて下さい

<地図>

世屋高原家族旅行村キャンプ場

京都府宮津市上世屋松尾96

拡大地図を表示


スーパー にしがき(おそらくキャンプ場から一番近いスーパー)


拡大地図を表示


お役立ちサイト
世屋高原家族旅行村キャンプ場
http://www.city.miyazu.kyoto.jp/sight/seya/index.html
宮津天橋立観光協会
http://www.amanohashidate.jp/

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る