記事の詳細

JUGEMテーマ:長崎 佐世保市 

先日高島へボート釣りに出かけた時に、
以前から気になっていた永ノ島炭鉱跡の全貌を
見ることができたので、海上から撮影してきました。

永ノ島炭鉱跡

永ノ島炭鉱(えいのしまたんこう)は、佐世保市小佐々町に
かつてあった炭鉱です。

長崎県北部の北松浦半島一帯には、かつて北松炭田という
炭田が
広がり、多数の中小炭鉱が採掘をおこなっていました。

これら炭鉱から採掘される石炭が、多くの炭鉱夫と
その家族の生活を支えていました。

永ノ島炭鉱跡は北九十九島の永ノ島に存在し、
その遺構を今でも見ることができます。

永ノ島炭鉱跡 陸地から

陸地からも一部見ることができますが、
船に乗り海上からの方が全体を良く見ることができます。

コンクリート製の採掘施設、石積みの護岸、船着き場などが
比較的良く残っています。

永ノ島炭鉱跡
永ノ島炭鉱跡

最後期に採掘されたのであろう石炭も、
いまだに野積みされたままになっています。

永ノ島炭鉱跡 石炭

長崎の炭鉱跡というと、今では軍艦島(端島炭鉱跡)
が有名ですが、こういう無名の小さな炭鉱跡も
どことなく哀愁があっていいですよ。

日本のこれまでの発展を支えてきた、炭鉱と炭鉱夫の方々
ご苦労様でした。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る