記事の詳細

標高1000m!のパノラマキャンプ場

自然公園大佐山キャンプ場
キャンプ場からの眺め

2008年8月25日、岡山県新見市の大佐山(おおさやま)山頂にある自然公園大佐山ファミリーパークキャンプ場へ行ってきました。
今回宿泊したこの大佐山ファミリーパークキャンプ場ですが、備作山地県立自然公園内に位置する大佐山(標高988m)山頂付近の自然公園内のキャンプ場です。
この大佐山には、自然遊歩道、天体観測施設、キャンプ場、バンガロー、パラグライダー、ハンググライダー、テニスコート、ファミリーゴルフ場などの野外レジャー施設が点在しています。

大佐山 大佐山
大佐山  

この大佐山には、今回利用した自然公園大佐山ファミリーパークキャンプ場と大佐山オートキャンプ場があります。ファミリーパークキャンプ場は山頂にあるので展望の良さがウリで料金もリーズナブルです。オートキャンプ場のほうは中腹にあり、広々とした爽やかな芝生のサイトが特徴です。
この2つを間違えるキャンパーの方も多いようなので、ご利用の際は事前によく調べておくほうが無難です。

キャンプ場マップ

当日は西宮の自宅を11時頃出発。宝塚ICより中国自動車道に乗り一路西へ。
予定より早く着きそうだったので、途中津山ICで降り前から気になっていた津山市内をサラッと訪問。
津山の街は思っていたよりも大きな街で意外でした。
そのまま181号線・出雲街道を西へ。途中、道の駅・久米の里で食材をゲット。
午後3時頃に大佐山ファミリーパークキャンプ場に到着。

レストラン 月~木はお休み
(レストランは月~木はお休み)

センターハウスにてサイト料金700円と入浴料金500円を支払い、さっそくサイトのほうへ。
大佐山ファミリーパークキャンプ場第1~第3キャンプ場に分かれているのですが、今回利用したのはセンターハウスに近い第3キャンプ場(たぶん)。
ちなみに第1キャンプ場は林間でセンターハウスなどの各種施設よりかなり離れています。(現在は第3キャンプ場のみ運用されているようです)
大佐山ファミリーパークキャンプ場は基本的にオートキャンプサイトでは無いのですが、利用者が少ないときなど状況によっては第3キャンプ場は車のサイト横付けもできるようです。(この日は私も含めて2組だけ。管理人の方から邪魔にならないように停めて下さいとのお言葉を頂きました。)

キャンプ場 キャンプ場
キャンプ場

サイトは木の枠で囲まれ一段高くなっています。
テントを設営し自販機で買った冷たい飲みもので一息入れた後は、しばし周辺を散策。
さすがに山頂付近だけあってキャンプ場からの眺めはバツグンに良いです。
眼下に見える集落や中国山地の山並みを眺めていると「ここにして良かった…」と思えてきます。
管理人の方によると晴れていれば鳥取の大山の眺望が美しいそうですが、この日は雲が多くて残念でした。

キャンプ場 キャンプ場
キャンプ場
キャンプ場からの風景

日が暮れてから管理棟の展望風呂で汗を流しました。
ヒノキを使った浴槽で、暗くないうちなら眼下の風景を眺めながら入浴が楽しめます。

ひのき風呂 食材
クリームシチュー 焼きとりセット6本350円
けっこう美味しくできました 焼きとりセット6本350円。うまくてお買得でした!

入浴を終えると夕食。今夜は、
●レトルトのクリームシチューに少々水を加え、早ゆでペンネ(たった3分!)と鶏肉(焼き鳥のモモ肉)を投入し茹でたもの。
●出雲街道の「道の駅・久米の里」で購入した地元養鶏場の焼き鳥セット&ビール
というメニュー。
キャンプ料理でパスタやマカロニ類を使う場合、自宅と違って茹で上がりまでかなり時間がかかる場合が多いので、私はいつも茹で上がり時間の短いタイプの物を選んでいます。
お腹一杯になったところで就寝。8月とはいえ標高1000mはさすがに涼しいですね。
いつもなら夏は寝袋は使用しないのですが、夜も更けていくにつれ少し冷え冷えしてきたので今夜は寝袋を使用しました。
この日、夜半ころより小雨が降ってきました。翌朝になってもやまず朝食はテント内で。
夜が明けたら、すぐ近くの山頂展望台より360度のパノラマを楽しもうと思っていたのですが小雨&濃霧で何も見えませんでした…

キャンプ場その他の施設

炊事棟 トイレとテニスコート
炊事棟 トイレとテニスコート
遊具施設 ロッジ
遊具施設 ロッジ?
大佐山の家(宿泊施設) 憩いの家(宿泊施設)
大佐山の家(宿泊施設) 憩いの家(宿泊施設)
星の館(天体観測施設) 展望タワー
星の館(天体観測施設) 展望タワー

自然公園大佐山キャンプ場 まとめ

  • タイプ:山頂
  • サイト:一般サイト、コテージ、バンガロー、宿泊施設
  • 管理人:常駐
  • 駐車場:有り・無料
  • 営業期間:通年
  • 予約:要予約、センターハウス:(受付TEL:0867-98-3461)
  • 料金(代表的なもの)(変更される可能性もあるので予約の際に要確認)
    ロッジ:1棟1泊15000円
    バンガロー:1棟1泊6000円
    宿泊施設:大人1泊2500円
    キャンプ:1サイト700円
    テニスコート:1面1時間600円
    天体学習施設使用料:大人500円
  • 設備:ロッジ、バンガロー、キャンプサイト、管理棟、自販機、炊事棟、トイレ、風呂、コインシャワー、売店、レストラン、テニスコート、天体学習施設など
    詳細は公式ホームページをご覧下さい

ここ「大佐山ファミリーパークキャンプ場」は、標高約1000mの大佐山山頂の静かなキャンプ場です。晴れていれば眺望はバツグンに良く爽やかな雰囲気です。キャンプ場の施設そのものはシンプルですが、周辺の施設は充実しています。標高が高いので夏は涼しいですが、冬はかなり冷え込むと思われますので注意が必要でしょう。料金も安く、夏のキャンプ地としてかなりすすめできます。現在(2008年8月)は今回利用した第3キャンプ場(6サイト)のみ運用されているようです。

地図

岡山県新見市大佐小阪部2237
大きな地図で見る

お役立ちサイト

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年3月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る