記事の詳細

兵庫県姫路市安富町 鹿ヶ壺キャンプ場

兵庫県姫路市安富町 鹿ヶ壺キャンプ場!寒中“男”キャンプ!の巻


by ヨッシー
2007年3月1日。兵庫県姫路市鹿ヶ壺(しかがつぼ)キャンプ場へ行ってきました。
今回はキャンプ場・隣町の揖保川にアマゴ釣りに行った後のキャンプです。
最初は車ででかける予定でしたが、諸事情で車が使えなくなり、結局「バイクで行く寒中ソロキャンプ」という非常に男らしいキャンプとなってしまいました。
当日は朝5時に自宅を出発。ものすごい冷え込みのなかスキーヤーのようないでたちで中国道を西へ進みます。
かなりの厚着なんですが、30分も走ると全身冷凍状態。死にそうです。
それでもなんとか揖保川までたどり着き釣り開始。しかし解禁日というのに反応は悪く、本命のアマゴは結局1匹しかゲットできませんでした。



キャンプ&釣り用品満載の愛車「スズキST250ピーカン1号」         この日釣れたアマゴ
釣りは午後3時ころにあきらめ、前日予約しておいた隣町の鹿ヶ壺キャンプ場へ。
林田川沿いの道を走り続け、安富ダムを過ぎると午後4時半頃鹿ヶ壺キャンプ場のある安富グリーンステーションに到着。
さすがにオフシーズンだけあって、当日の宿泊者はヨッシー1人のみ。キャンプ場の管理棟もこの時期は閉鎖されています。
冬季のキャンプ受付はすぐそばの鹿ヶ山荘で行われています。

         安富グリーンステーション入り口            鹿ヶ壺山荘(食事と売店、風呂)

            コテージ            安冨グリーンステーション全体図
スタッフの方に一通り注意事項をお聞きし、さっそくキャンプサイトへ。
どこにテントを張っていいのかわからなくてまごついていたら、スタッフの女性がわざわざいらっしゃって親切に教えてくれました。(スタッフの方ありがとうございました)
ここ鹿ヶ壺キャンプ場の宿泊施設には普通のキャンプ場、オートキャンプ場、コテージの3タイプがあります。
今回宿泊するのは普通のキャンプ場、小川の流れる林間のサイトです。
地面は砂利で硬いのでペグは打てません。そばを流れる小川は、夏の水遊びに良さそうです。トイレの清潔度と炊事場等の設備はまあ普通ですね。

          キャンプ場管理棟(冬季閉鎖中)            管理棟横の洗い場

          炊事用の炉が有りました           サイト横を流れる小川

普通キャンプサイト(区画なし)

到着後、バイクから荷物を降ろし、さっそくテントを設営。
設営した後、今度は再びバイクにまたがり市街地へ買い物&温泉に。
まずはキャンプ場から一番近い食料品店「Aコープとみす」で明日の朝ご飯のパンをゲット。
その後、先ほどキャンプ場に行く途中で看板を見かけた安富町内にある「ほたるの里・安富・花温泉」へ、しかし不覚にもこの日・木曜日は定休日でした。ガックリ…
行けなかったとなるとどうしても行きたくなるのが人の常。そこで少々距離があるが昼間釣りをした揖保川に戻って、前から気になっていた「日帰り温泉・しそう・よい温泉」へ行くことに。
「しそう・よい温泉」は入浴料大人700円。なかなかいい施設です。日が落ちてからまた冷え込んできていたのでなんか生き返った気分です。

  「Aコープとみす」は6時くらいで閉まってしまいます。          しそう・よい温泉入り口
その後山崎町内でガソリン給油の後キャンプ場へ帰還。
昼間釣ったアマゴを使い料理開始、これから遅い晩ご飯です。
今回はアマゴを使った炊き込みご飯(もどき)です。
アマゴは内臓を出し、よく水洗いします。
鍋に油を薄く引き、アマゴをちょっと炒め、軽くコゲ目を付けます。アマゴは中までは火は通しません。この時、しょう油とみりんでアマゴに味付けをします。

電子レンジ用のパック入り五目ご飯をそのままボロボロにほぐし、先ほどのアマゴの鍋へ。

鍋の中のご飯、アマゴにコップ1杯の水をかけフタをし、10~15分前後弱火で炊き上げます。
できあがったらアマゴの身をほぐし骨を取ります。三つ葉や山菜などを散らしてもいいかもしれません。
簡単ですぐできる「アマゴ炊き込みご飯もどき」、皆さんもいかがですか?
午後10時頃就寝。しかしこの夜はすごい冷え込み。本当は車で毛布を運ぶ予定だったのですが、バイクとなったため積載量に限りがあり、厚着&寝袋での対応となりました。
これではやっぱり寒かったです。
今回思ったのですが、私が普段使っている封筒型の寝袋は内部が広く余裕があって人形型より快適なのですが、寒い時には肩口から内部に冷気が侵入してきて寒いですね。
春・秋の少し寒い時期のキャンプには人形型のほうが良いかもしれません。
それでも寝不足にはならない程度には寝ることができました。
翌朝テント外に出てみると、一面霜が降りていました。寒いはずです。
あまりにも寒いので朝食はテント内で、ただしコーンスープやコーヒーは危険なのでテント外で携帯コンロを使って温めました。


「名勝・鹿ヶ壺」キャンプ場そばにあります。滝の連続です。残念ながらこの日は水量が少なかったです。
朝食後しばらくキャンプ場周辺を散策、テントを撤収し午前10時頃鹿ヶ壺キャンプ場をあとにしました。
帰り道、キャンプ場近くの安冨ダムの道路で野生の子鹿に遭遇。私の前方5m位のところでまん丸の目でキョトンとこっちを見ていましたが、私がカメラを取り出したらピョンピョン跳ねて逃げてしまいました。
さすがは鹿ヶ壺ですね。


「鹿ヶ壺キャンプ場」まとめ
詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
タイプ…山間・林間・河畔
サイト…土、砂利
管理人…昼間のみ
駐車場…有り・無料
定休日 毎週火曜日(但し、祝祭日を除く)
料金(代表的なもの)
オートキャンプサイト(三ヶ谷)
10台分、フリーサイト、水道、AC電源付き
1台 1泊・3000円 大人400円、小人300円、電源使用料500円
普通キャンプサイト
テント1張 1500円、タープ1張1000円、大人400円、小人300円
貸テント(4人用) 1張・2000円、貸バーベキューセット(コンロ・網)・500円、
コテージ
(定員4名)、10戸、冷暖房・浴室・トイレ・キッチン完備、テレビ
チェックイン[3:00pm]、チェックアウト[10:00am]
1棟 1泊・13650円 (7・8月、土曜、日曜、祝日の前日)
10650円 (上記以外の期間)
デイキャンプ・バーベキュー
大人400円、小人300円
設備・・・
オートキャンプサイト、コテージ、普通キャンプサイト、バーベキュー棟、管理棟、展示スペース(ふれあいの館)、炊事場、水洗トイレ、AC電源(コテージとオートキャンプサイトのみ)、自販機、公衆電話、売店、食堂、風呂(要予約)温水シャワー、貸テント、ペット不可など            
(※詳細はキャンプ場のホームページをご覧下さい
ここ「鹿ヶ壺キャンプ場」は、山間の木立に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。            
施設・設備面は普通ですがレンタル用品はあまり充実していません(貸しテントと貸しバーベキュー用品のみ)。夏季にはサイト側の小川で水遊びなどができるようです。キャンプ場周辺はハイキングコースなどが充実していますので、自然をしっかり味わいたいキャンパーにはおすすめです。
ただ、子供向け遊具施設等はありませんし管理人は常駐してないようなので、この点では小さい子のいるグループには不向きかもしれません。
料金のほうは平均的だと思います。


お役立ちサイト
鹿ヶ壺キャンプ場
ほたるの里 安富 花温泉
日帰り温泉 しそう よい温泉

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年3月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る