記事の詳細

先日、近所のスーパーの特売で安い「せいこがに」を見つけ購入。
松葉がにで有名な兵庫県香住産とのこと(ほんとうかな?)
さっそく自宅で味わってみました。
 セイコガニ
日本海からやってきた「あかいすーいとぴー」でなく「あかいカニ」・せいこがに 
実は「せいこがに」の存在は以前から知ってはいたのだが食べるのは今回初めて。
せいこがにはズワイガニのメスで「せこがに」、「こうばこがに」とも
呼ばれます。
「松葉ガニ」、「越前ガニ」の名でふだん店頭で見かけるオスのズワイガニ
と比べると随分小さく感じます。
小さいので脚の部分などの肉は当然少ないのですが、かわりにせいこがには
外子(そとこ)、内子(うちこ)と呼ばれる卵を持っています。
脚や甲羅の肉は卵のおまけで少し付いているといった感じです。
言ってみれば「子持ちししゃも」的な存在ですね。
 セイコガニ 外子
      セイコガニ 外子
セイコガニ 内子
      セイコガニ 内子
外側のおなかの部分に持つ卵は外子(そとこ)と呼ばれる成熟した卵で、
暗褐色をしておりプチプチ感があります。
甲羅を外して中に詰まっているのが内子(うちこ)と呼ばれる未成熟な卵で、
明るいオレンジ色をしています。
今回は、それぞれ土佐酢で食べてみましたがなかなか美味しいですね。 楽しい
外子、内子にかにみそを混ぜて食べると、カニの豊かな滋味が感じられて、
たまらない味わいです。
これからの季節、熱燗にピッタリですよ。 熱燗
 せいこがに 内子
 せいこがに 土佐酢 
土佐酢は三杯酢に鰹節の出汁を加えたもの。通常の三杯酢やポン酢ほど
きつくないので、素材の微妙な味わいを楽しめます。

セイコガニは11/1の解禁から2ヶ月ほどしか味わうことができない、日本海の
冬の味覚です。
私の住む兵庫県ではスーパーなどでもたまに見かけますが、産地以外の
九州・東京などでは見たこと無かったですね。
セイコガニは山陰・北陸の産地以外では入手しにくいので、通販などで
入手するとよいですよ。
<オンラインショップ 旬のさかな>
【大ヒット御礼!! 7日間限定☆特別特価♪】【山陰産】【7日間限定☆50%OFF】【ご自宅でモグモ…
<越前・若狭・岩次郎商店>
越前若狭冬の珍味せいこ蟹 1パイ(大サイズ 約180g前後)予約販売
<かに市場山米>
訳あり!子持ちがに(松葉がにのメス) 指1~3本落ち サイズ小 5枚入り

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2018年8月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る