記事の詳細

明石海峡
  明石海峡夕景・淡路島と明石海峡大橋です
8月6日・夕方より、神戸市・須磨区の須磨海釣り公園に行ってきました。
当日はかなり暑い日で、暑さを避ける意味もあり日暮れ時からの釣りです。
今回は電車釣行のため荷物は少なめにまとめました。
前回と同じくサビキ釣りで小アジ・小イワシねらい。大型サバも来てくれたらな~といういつものお気楽フィッシングです。
阪神線を経由し、山陽電鉄須磨公園駅で下車。駅から公園入り口までは徒歩5分程度。アクセスが非常に楽な釣り場です。
須磨海釣り公園1
  釣り場から見た須磨の街
入り口で基本料金・4時間1200円を支払い、管理棟でアミエビ300円分を購入。
ここ須磨海釣り公園は、売店でひととおりの釣具とエサを用意(レンタルの釣具一式もある)してあるので結構気軽に出かけられます。
前回・7月1日のここでの釣果は毒魚以外ノーヒットという惨憺たる結果でした。今回は小物でいいので何か釣りたいです。
午後6時頃より釣り開始。今日はちょっと風が強いですが、時間帯的にちょうど潮どまり前後で潮流が弱く、釣りやすいです。ここは明石海峡に近いため潮流がかなり早く釣りづらいので、大潮の日は避け、小潮、中潮の日の潮どまり前後をねらって釣りに行くとよいでしょう。
須磨釣り公園釣り場
  釣り場はこんな感じ…
初めてすぐから10~15cmくらいのカタクチイワシが連続ヒット!
それからしばらく同じようなサイズのカタクチイワシが続きます。
このサイズのカタクチイワシは小さすぎて釣趣に欠けるものの、じつは酒のつまみにはグッドなんです。
オリーブオイルと塩、ニンニク、唐辛子、日本酒、しょうゆを適当に配合したもので炒めるとお酒がすすみます。
まわりのサビキ釣りの方たちには、20cm前後のなかなかいい型のアジがポツポツ掛かっています。
「こっちにもアジ2~3匹来ないかな~」
しかしそんな願いも虚しく、結局アジは来ませんでした。
だんだん風も強くなってきて、カタクチイワシもだんだん釣れなくなり、2時間ほどで釣りは終了。
結局カタクチイワシ18匹というイマイチな結果でした。
帰り支度をしていると、岸よりの場所で釣ってた方が40cmくらいのチヌ(クロダイ)をゲットされてました。
まったく釣れる気配の無かった7月1日の時と比べて、須磨海釣り公園全体の調子は上向きのようです。
小アジの数釣りはまだ盛期ではないようですが、かわりに型のよいアジ(18~25センチくらい)がポツポツ上がってました。
ただ例年夏によくあがっている40センチクラスのサバは釣れてなかったようです。もう少ししたらカンパチなど青物も期待できるのではと思います。
そのうちまた出かけてみます。
須磨海釣り公園は、夏休み期間中は午後8時まで開園してるそうです。
暑いので日中より日暮れ前後から始めたほうがいいかもです(^-^)
日中は近くの須磨海浜水族園を見学、その後に釣りってのもいいのでは…
神戸市立須磨海釣り公園HP
神戸市立須磨海浜水族園

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る