記事の詳細


茅ヶ崎港・サビキでおかずフィッシング 神奈川県
2007/08/26、神奈川県茅ヶ崎市・茅ヶ崎港へ釣りに行ってきました。
今回は茅ヶ崎に住む学生時代の後輩H君と一緒です。
サビキ仕掛けで小イワシや小アジを釣って酒の肴にしようという、いつもながらゆる~い釣りです。
現場の茅ヶ崎港へは夕暮れ前に到着。港の入り口の釣具店でコマセのアミエビとサビキ仕掛けを購入。
港内を見回すと釣り人の姿がチラホラ。日曜なので混雑しているかと思ったのですが、意外に少なくて驚きました。関西での波止釣りが多くなってからは私の中で「波止釣り=場所の取り合い」、というイメージがあるのですが、ここではそんなこともなく穏やかな空気。


西側の堤防(沖に向かって右側)・釣り場画像

西側堤防・外向きテトラ                 西側堤防先端部

西側堤防・茅ヶ崎港内
東側の堤防(沖に向かって左側)・釣り場画像

東側堤防外向きテトラ(海水浴場側)               東側堤防・港内

東側堤防
茅ヶ崎漁港は沖に向かっての西と東に2本の波止と1本の沖堤で構成されてます。東隣は海水浴場です。
水深はあまりありませんが、周囲がずっと変化の無い単調な海岸なので、なかなかよいお手軽釣りポイントとなっています。
東西どちらの堤防がいいのかよくわからなかったのでとりあえず西側の堤防先端まで行ってみたのですが、H君がすぐに「東側の方が良さそうですよ…」と言い出したので、すぐ東側へ移動。
先端部はさすがに釣り人が数名居たので、港内の波止際に腰を下ろしさっそく釣り開始。
水深はあまり深くないようです。港内はだいたい3mくらいでしょうか。

コマセカゴにアミエビを詰め、サビキ仕掛け投入。小さく上下に竿を動かします。
最初の20分くらいは反応が無かったのですが、やがてコマセが効き始めたのか徐々に竿先にプルプルと反応が出始めました。
軽くあわせると15cmくらいのウルメイワシ。
それから入れ食いとまではいきませんでしたが、ウルメイワシとカタクチイワシがぽつぽつと釣れ続きます。
途中、撮影の為に置き竿にしてた私の仕掛けに大型魚がヒット!しかし極細仕掛けだったため糸が切れてしまい取り込むことができませんでした。(涙…)
結局、1時間ほどで二人合わせて20匹をゲットした時点で「おかずには充分!」と判断しここで終了。
釣れたイワシは頭・内臓・ウロコを取り除き、日本酒・しょう油にしばらく漬けこみ、オリーブオイルで炒めて食べました。
香ばしくて美味しかったです。

茅ヶ崎漁港へ車で行く場合は、港そばの県立西浜駐車場へとめて下さい。
また付近にコンビニ、釣具店もあります。


<今回の釣果> 

ウルメイワシ  約15cm … 16匹
カタクチイワシ 約12cm … 4匹
<今回使った道具>
・サオ   磯竿4.5m
・リール  スピニングリール・3000番台
・道糸   ナイロン3号
・仕掛け  サビキ仕掛け4号
・エサ   無し
・コマセ  アミエビ
<地図>
神奈川県茅ヶ崎市・茅ヶ崎漁港
拡大地図を表示

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る