記事の詳細

佐世保市・相浦港周辺でメバリング

「佐世保市・相浦港周辺でメバリング!<シーズンイン・長崎北部のメバル>

 
by ヨッシー
2007年1月2日(火)、ヨッシーの実家のある長崎県佐世保市に帰省中、近所の相浦港周辺に初釣りに行ってきました。
今回はおかっぱりからワームでメバル狙い。ここ数年流行しているいわゆる“メバリング”です。
メバルのルアー釣りが流行る前は、トラウト用品を流用したり、バス釣り用品の中からの小型のものを探したりしていたのですが、ここ最近はメバル専用のルアー用品も充実してきてタックルを揃えるのも楽になりました。
メバルは昼間でも釣れますが、やはり早朝・夜間のほうがよく釣れます。そこで当日は夕暮れ時から2時間ほどチャレンジしてみました。



最初の釣り場・相浦港。水深は8mくらいありました。
まずは相浦港内からスタート。2gのメバル用ジグヘッドに1.5インチ・スクリューテールワームを装着し、岸壁から丁寧に探っていきます。
しばらくやっていると中層でググッと手ごたえ。
17cmのメバルでした。

少々小型ながら今年初の獲物。嬉しいですね。
そのあとさらに同サイズを追加。
しかしその後が続きません。
そこで今度はすぐ近くの佐世保魚市場裏の小さな漁港側へ移動。
イカ墨の跡が岸壁上にところどころ。エギングもいけそうです。
水深は6mほど。あまり深くはなさそうです。
漁港内での釣りなので水中にところどころロープが張って有り、キャスト前には必ず確認が必要です。

魚市場裏の小さな漁港。これは事前に明るい内に撮っておいたもの。釣っている時はもっと暗かったです。
常夜灯そばの岸壁からキャストすると一投めで20cmジャストのメバル。
なかなかいい引きです。水深2mあたりの浅いタナできました。
しかしやはり後が続きませんでした。結局ここでは一匹のみで終了。
結局トータル3匹で本日は終了。
大漁ではなかったですが、初釣りなかなか楽しめました。

当日使った私のメバル釣り定番ワーム(スクリューテールグラブ1.5インチとエコギアグラスミノーS)とジグヘッド
ここ相浦港周辺に限らず、長崎県特有の複雑なリアス式海岸の入り江や漁港は、波も静かで「のんびりメバル釣り」にはぴったりです。
私ヨッシーも、この周辺での冬から春のシーズン中のメバル釣りはほぼボウズ無しです。
ちなみに、メバルはクセの無い白身の美味しい魚で、煮付けにすると大変美味しいですよ。
(今回はすべて丁重にリリースいたしましたが…)


本日の釣果 メバル  17~20センチ  3匹
メバルのワームフィッシング(メバリング)について・まとめ
・ 夕暮れ時の上げ潮時がグッド(ただし明るい時間に現場に着いて、釣り場の状況を確認しておくこと)
・ 6ポンド(1.5号)以下の細いライン使用
・ 人気の無い、入り江奥の小さな漁港などはスレてなくてグッド
・ 暗いので足場に気を付けて安全第一で!
・ 夜間の漁港では、キャスト時の周囲の人、漁船のロープ(海中の)等に充分気をつけること
本日使った道具
・ロッド  ダイワ・ネオバーサル・ウルトラライト6.6フィート
・リール  シマノアルテグラ2000番
・ライン  ナイロン6ポンド
・ルアー  根魚用スモールワーム各種+ジグヘッド2~3.5g他
・その他  LED式ヘッドランプなど


<周辺の釣具店>
加藤漁具相浦店    佐世保市相浦町1688  TEL 0956-47-6959
加藤漁具下本山支店  佐世保市下本山町1347  TEL  0956-47-4481
浜上釣具店      佐世保市相浦町1360-1 TEL  0956-48-3170

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る