記事の詳細

兵庫県・武庫川河口・ルアーでスズキ釣り
小型でしたがウレシイ一匹です

兵庫県・武庫川河口・ルアーでスズキ釣り

by ヨッシー
2006年7月27日、武庫川河口にてルアーでスズキをねらってみました。
当日は仕事を終えた後、午後8時頃より釣り開始。
場所は数日前に偵察を兼ねて釣りをした武庫川河口・南武橋周辺です。


前回は本命のスズキは不発。かわりに最大51cmを筆頭に3匹のボラがヒット!しました。
この時、スズキもいけそうだなとなんとなく感じたので、今回はキチンと準備しての釣行です。
ロッドは私の住む西宮・神戸周辺の都市港湾&都市河川河口を意識して、操作性と携帯性に優れたダイワ NEO-VERSAL(ネオバーサル) 762MLFS の7.6フィートを新しく購入!
前回の釣行の際には、雨後の河川特有の「流れてくる草」、「木片」、「ゴミ」などの流下物を前後のトリプルフックに引っ掛けてしまい、これにかなり悩まされました。
そこで今回はルアーの前後のフックを標準装備のトリプルフックからカルティバのダブルフック6番に変更しています。
ロッドとリールをセットの後、さっそく釣り開始!
橋脚周りを中心にルアーをキャスト。
ルアーは9cmのフローティングミノーを使用。カラーは黒・金のものを使ってみました。
前回はこのミノーにボラが来ました。
特に変化ないまま1時間が経過。ルアーをシンキングミノー9cm、オレンジ・ゴールドに交換。さらに続けてみます。
交換後およそ1時間が経過した頃、岸よりで突然ゴンッ!という感触の後なにかがヒット!水しぶきをあげ魚が暴れます。サイズはそれほど大きくないなと思いつつボラっぽくないひきに慎重に寄せました。


あげてみると小型のスズキです。(サイズ的にはフッコですが…)
一応サイズを測ってみると37cm。
小さいですがねらいどおりの本命で嬉しいですね。
ダブルフックに変えた事により、ゴミが引っ掛かってこなくなったのはいいのですが、針がかりの点での不安(特に腹側のフロントフックは頼りない感じだった)があったのですが、しっかり腹側のフックにかかってました。
この後、写真を撮ってからリリースしました。
その後さらに1時間ほどねばってみましたが、後はでませんでした。
また後日、今度はもう少し大きいサイズをねらってみようと思います。
今回デビュー戦となったダイワのシーバスロッド ダイワ NEO-VERSAL(ネオバーサル) 762MLFS
はなかなか使いやすくてよかったですよ。
低価格モデルのシーバスロッドですが、さすがダイワさんですね。
7.6フィートという長さは、取り回しがよく軽いのでキャストが楽です。
また、2ピースロッドで仕舞寸法118cmですので持ち運びも比較的楽です。
都市部での港湾・河川のシーバス釣りにオススメの一本です。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る