記事の詳細

前の武庫川上流の記事で前後してしまいましたが、6月2日兵庫県揖保川の上流へ行ってきました。
今回は「なんちゃってテンカラ!?」にチャレンジ。
フライフィッシングがヨーロッパからやってきた釣り方ですが、テンカラは日本伝統の毛ばり釣りで、リール等は使いません。
フライフィッシングとくらべるとシンプルな道具です。
本当は「テンカラ竿」という3.6m前後のグリップ付きの専用の延べ竿を使うのですが、持ってないので普通の渓流竿を2節ほど抜いて短くして使いました。
仕掛けはよくわからなかったので、釣具店で購入した富士流テンカラバスというのを使用しました。
  揖保川 テンカラ
今回は夕まずめねらって午後からの釣行です。
揖保川水系三方川に着いてさっそく釣りスタート! しかし4投目でテンカラ仕掛けがなぜかすっぽぬけ、仕掛けがまるごと彼方へ飛んでいきました 冷や汗
竿先への仕掛けの固定がきちんとできてなかったようです。
結局「なんちゃってテンカラ」はわずか5分ほどで終了…
仕方なく車に戻りルアーロッドをセット。川岸に戻りキャストを開始すると、夕暮れの水面付近を飛び回る羽虫に対し魚達の活発なライズが発生!
水面を魚がバシャバシャ跳ね回っています。 魚
おおっ~! びっくり 映画の「リバーランズスルーイット」みたいです。
しかし興奮してスプーンを投げるも無反応。魚達の関心は水面を飛び回る虫にしかないようです。虫をめがけて魚達が盛んにアタック!
私の周囲では「バシャ!」、「ボコッ!」という音が頻繁に聞こえます。
あわてて車に戻りフライロッドをセットしたのですがキャストできるころにはあたりは懐中電灯が必要なくらい暗くなっており、ライズもぱったり止んでいました。 月
結局、川岸でセッティングしていただけの1日でした。
翌日は地元・武庫川で雑魚ルアーにチャレンジ。しかし前回書いているように惨敗… しょんぼり
揖保川での「なんちゃってテンカラ」は、いずれまたチャレンジします。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る