記事の詳細

5/6 生野銀山湖へ行ってきました。
今回は「レインボー、ブラウンあとイワナやサクラマスなんかも来たらいいな~」というなんともはっきりしない、名づけて「トラウト族一網打尽作戦!」です。
「トラウトなんてこの時期まだ釣れんの?もう終わってるんじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうなんですが、銀山湖は最深部60メートル、深場を狙えばまだまだイケると超楽観的推測で出発!
自宅のある西宮を出て中国自動車道をひたすら西へ走り、播但連絡道で一路銀山湖へGO!GO!
ボート小屋で手漕ぎボートを借り湖面へ出ると、曇り空の下やや冷たい風が吹いてます。
「さ・む・い…」
前回の朽木の時も薄着で寒かったのですが、今回も教訓は活かされずまたしても薄着で寒い思いのヨッシーです。
今回はライトアクションロッドと4ポンドラインを巻いた1500番台のスピニングリール。ルアーは5グラム前後のスプーン。
ここ生野銀山湖は複雑な湖岸線と急深の湖底を持つ典型的なリザーバーです。水質はかなりクリアーで、偏光グラスを使うとかなりの水深までが見通せます。
まずはボート乗場近くの法道谷をスプーンで攻めてみましたが反応なし。
そこで、黒川の流れ込み付近はどうだろうと思い移動開始、しかし徐々に風が強く吹き始めた為移動を断念。
結局、第三ワンドの岬・対岸岩盤の立ち木にロープでボートを固定し再度釣り開始。スプーンで不調の為、普段メバリングに使用してるピンテールワームとジグヘッドに変更、フック上20センチにスプリットショットを追加して岬周辺の深場を攻めてみました。
釣り開始後2時間が経過。いつものごとくまったくアタリなし。「最近こんなパターンばっかりやな~」と思いつつ偏光グラスで湖底をのぞくといいサイズの鯉が時折泳いでゆくのが見えます。
ボウズのがれの為に用意してた予備のロッドにウキ釣り仕掛けをセット。ミミズをつけて放り込んでいるとしばらくしてヒット!
銀山湖
「派手な恋は苦手ダス…」
40センチオーバーのオレンジ鯉とファイト中のヨッシー35歳!
オレンジ鯉
なんとあがってきたのは、どんより曇り空の下オレンジ色が目に鮮やかな錦ゴイ!
「う~んなんだかね~」
ボウズは逃れたもののいまひとつだよね。公園の池じゃないんだから~
針を外してあげると40センチ前後の「こいさん」は湖底に向かって一直線に泳ぎ去りました。
この後小型ミノー、ディープダイビングミノーなど手を替え品を替え誘ってみたのですが、結局憧れのトラウト様はそのお姿を見せてはくれませんでした。うーんまたしても敗北!
当日はバス釣りやへら師の方も多数いらっしゃってました。へらの方は小型の物が数尾釣れたところを目撃しましたが、バスの方はあまり釣れてなかったようです。
この生野銀山湖は入漁料が一日800円必要です。入漁券は「レンタルボート湖畔」様で購入できます。バス釣りでエレキ付きのボートを借りる人は前日に予約しておいたほうが無難です。
レンタルボート湖畔
http://www4.ocn.ne.jp/~kohan/top.page.htm

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る