記事の詳細

揖保川上流のアマゴ釣り

揖保川上流のアマゴ釣り

by ヨッシー
6月30日、以前から気になっていた、兵庫県揖保川上流にアマゴ釣りに行ってきました。
当日は曇り時々雨。12時に西宮の自宅を出発。宝塚I.Cより中国自動車道を西へ、山崎I.Cで降り、宍粟(しそう)市街・国道29号線沿いの高井釣具店で入漁証を購入。アマゴ年券・大人7000円(鮎は13000円)なり。
お店の主人にアマゴの釣況を尋ねると、「今は鮎の話題ばかりで、アマゴは聞かない…」
とのこと。行く手になんとなく暗雲が…
揖保川はアマゴというより、どちらかというと鮎釣りで有名な川で、当日も鮎釣りの人をチラホラ見かけました。
ただし、アマゴの放流量はこの地域一番を誇り。揖保川漁協様が毎年かなりの数の稚魚放流をおこなっているそうです。
釣具店を後にして、国道29号線を揖保川沿いに北上、揖保川水系・引原川を目指します。


途中、名勝・宍粟市山崎町与位の洞門付近で停車。洞門前のプールでスプーンをキャスト。


かなり水量のある大場所で、洞門を前に雰囲気もいいです。幅広本流アマゴのヒットを期待して4ポンドラインに3.5gのマイクロスプーンと5gのダイワ・チヌーク、お気に入りのスピナー・メップス・アグリア0#などで攻めてみましたがヒットは無し。足元近くまできたスプーンに5cmくらいの小魚がじゃれてきます。しかしアマゴの稚魚なのかカワムツの稚魚なのか判別できませんでした。
その後ルアーからミミズでのエサに切り替えましたがアタリ無し。
そんな中、時々40cmクラスのニゴイが眼前を悠々と泳いで行きます。
結局なんのアタリもないまま移動決定。国道29号沿いに、さらに上流部の引原川を目指します。

山崎町田井・井ヶ瀬橋下流付近
山崎町田井・井ヶ瀬橋下流付近

波賀(はが)町に入りの道路脇の空きスペースに車を停め、市ヶ野橋下付近から入渓。
川に降りた途端、雨が降り出しました。ちょっとやる気をそがれたものの、雨の波紋でアマゴからはこちらの姿が見えにくいはず。これはチャンス!と気を取り直し釣り開始!水量も十分でなかなかいい渓相です。

波賀町・市ヶ野橋上流付近の渓相
波賀町・市ヶ野橋上流付近の渓相


先ほど不発だったマイクロスプーン3.5gグリーンメタリックをキャスト。一投目で小型のなにかがヒット!
「おおッ!アマゴかッ?」
ものすごく久しぶりのアタリに、興奮しながらも慎重に寄せると、おなじみのカワムツ君。
「…」

ちょっと期待はずれでしたが、まあヒットはヒット。気を取り直してさらにワンキャスト!
「グググッ!」
「おおッ!」
今度はちょっと落ち着いて寄せるとこれもカワムツ…
「ウ~ン…」
ポイントをすこし変えまたキャスト!
「ググンッ!」
「今度こそは!…」
カワムツより幾分スマートな魚体。ウグイでした。


ウグイです。最近はあまり見なくなってきているように思います。

夕マヅメのいい時間帯なのですが本命のアマゴはなかなか姿を見せてくれません。
途中からルアーをあきらめエサ釣りに変更、ミミズエサでねばってみるもののカワムツとウグイのみで本命のアマゴは姿を見せてくれませんでした。
結局今回は、ルアーでのカワムツ6匹とウグイ1匹。エサでのカワムツ5匹とウグイ2匹という結果に終わりました。ヒットはあるのである程度は楽しめたのですが、やはり本命のアマゴを一匹でも釣りたかったですね。ウグイも30cm近くなるといい引きをするんですがね… 15cmくらいだとちょっと…
初めての川でイマイチポイントがわかりませんでしたが、やはりこの時期は本流での居残り大型アマゴの一発狙いしかないのでしょうか?(鮎釣りの方がまれに尺モノの本流アマゴを掛けたりしているようです)
どなたか揖保川のアマゴ情報よろしくお願いします。

サンショウウオ
サンショウウオ??発見!


揖保川上流部は車でのアクセスがよく、国道29号線は道の駅も数ヶ所あり、地元のお土産(地元のフルーツを使ったジャムなど)も売っています。また、食事もできます(うどん、そばや鮎料理、自然薯料理など)。温泉もあるのでドライブだけでもいいかもしれません。
次回は周辺のキャンプ場を利用して、他の支流を泊り込みでじっくり攻めてみたいですね。
揖保川漁協HP
高井釣具店HP
WAKO PARKキャンプ場
フォレストステーション波賀(オートキャンプ場)
道の駅はが・みなみ波賀
しそう よい温泉(天然ラドン温泉)
by ヨッシー

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る