記事の詳細

必釣!カワムツのルアー釣り講座
by ヨッシー
前回、カワムツの記事を書きましたのでついでにカワムツのルアー釣りについて書こうと思います。
河川のルアーといえば、渓流のヤマメ、イワナなどが代表的ですが、これらの渓流魚はかなり山奥まで行く必要があり、普通は漁業権設定があるので入漁料も必要ですし、気軽には楽しめないですよね。
でも身近な河川でも十分渓流ルアーの雰囲気を楽しめるのが、カワムツのルアーフィッシングです。


カワムツをご存知無い方の為に、一応説明しておきますと、カワムツは主に西日本の河川中流~上流域に生息するコイ科の淡水魚で、最大で20cmくらいに成長します。同じコイ科の淡水魚・オイカワにとてもよく似ています。
また最近の調査でカワムツには2種類のタイプがあることがわかり、カワムツA型・B型と区分されるようになりました。(後にカワムツA型はヌマムツという名に変わりました)
カワムツをエサで釣るのはそれほど難しくないのですが、ルアーで釣るにはコツが有ります。
カワムツは基本的にヤマメやイワナと同じく、ルアーやフライなどの疑似餌によく反応します。
ただしヤマメやイワナと根本的に違うのは、その魚体のサイズと食性です。
ヤマメやイワナが30cmを超える大きさまで育つのに対し、カワムツは20cmで記録的ランカーサイズ! スプーン、スピナーなどハードルアーでは、中型サイズ以下のカワムツではまずフックアップしません。
また、カワムツは雑食性で植物系のエサもよく食べます。 つまり訳のわからない怪しい動きの変なモノを、あえて追っかけて捕らえる必要性は低いと思われます。
このように考えていくとなかなか難しそうです。場合によってはヤマメやイワナより難しいかもしれません。
しかし、このカワムツをルアーで釣るために試行錯誤した結果コツがつかめました。
それはまず場所です。
場所が悪いとまず釣れません。カワムツのルアー釣りの最大のキモです。
では良い場所とはどんなところかといいますと…
   ・良型サイズのカワムツがある程度群れている。
   ・ルアーを引いて投げれる十分な水量と水面の広さがあること
   ・スレてないこと(あたりまえか…)

カワムツ釣りに使ってるルアー
そしてもう一つは釣具のダウンサイジングです。
  ・スピナー、スプーンは最小サイズのものを
       スピナーはメップスアグリアだと最小の0#
       スプーンならカンツリ用のマイクロスプーンなどいいですね 
  ・ルアーフックは手に入れられる限りの最小のものを…
     (カンツリスプーンにフライフックがベストかと…)
  ・ラインは4ポンド位までで
あと、今までの経験から申しまして
  ・ヒットルアーは極小スプーン、スピナー、ソフトルアーなど
   極小ミノーではかなり難しい。
  ・完全にラン&ガンの釣り。1~2匹釣った時、5投以上投げて
釣れない時はすぐポイント移動。ねばっても釣れない。
  ・ウルトラライトロッドだと十分引きを楽しめます
  ・フックはバーブレスかペンチでのアゴ潰しでお願いしますね
カワムツなんて…などどバカにせずに、渓流ルアーのつもりでチャレンジしてみて下さい。結構奥深いものがありますよ。ちなみに私の最高記録は20.5cm・メップス・アグリア・0#・蛍光ピンクカラーでのヒットでした。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る