記事の詳細

滋賀県 朽木渓流魚センター

滋賀県 朽木渓流魚センター


愚息にそろそろ釣りでも始めさせようと、釣り歴30年のヨッシーを誘い、愛車エスクードを駆って朽木渓流魚センターへ。
朝5時に兵庫県の西宮浜を出発、滋賀県朽木渓流魚センターには営業開始時間7時ジャストに到着。


車中では、初めて会うヨッシーに緊張気味だった愚息。
しかし、ヨッシーの毒魚の話がいたく気にいったようで、次第にうちとけてゆき、親としても何とも嬉しい限りであった。
そうなると愚息の得意分野である恐竜の話が際限なく始まった。
パララウロロフスはな・・・ユタラピトってな・・・と、舌を噛みそうなカタカナをたどたどしく言い続ける息子に対し、ヨッシーもなかなか対応に困ったようであった。
「もう、そのへんにしとき、困ってるやろ」と愚息をたしなめつつ、心の中では「どや!よう知っとるやろ!ははは」であった。
【当日の持参品】
朝メシ用弁当(おにぎり8個、玉子焼き、ウィンナー)
クーラーBOX、保冷剤、偏光グラス、手袋
タオル、包丁、まな板(100円均一で調達。合計315円)
フィッシングエイトで購入した1980円の初心者釣具セット
この日はかなりの混雑が予想されると事前に電話で知らされていたのだが、朝の7時の時点ではわれわれ含め4組ほどだった。
愚息のためにと、フィッシングエイトで、あとはエサを買うだけ!魚が釣れたらチリンチリンとお知らせ!という何とも手軽そうな初心者釣具セットを購入し、今回デビューさせようと嬉々として持ち込もうとしたのだが、ヨッシーに「・・・・・うーん、これもいいですが、、、今回はレンタルしたほうがいいと思いますよ」とアドバイスを受けた。
せっかくデビュー戦用にと購入したのに、水を差された感じで、何度か「アカンのん?これやったら無理なん?」と何度か食い下がったが、「いや、今回はレンタルされたほうがいいと思います」と苦笑い含みの返事しか返ってこなかったので、レンタルすることにした。
ちなみにヨッシーはもちろん竿持参である。
帰りにようやく気づいたのだが、その「ビギナー支援隊」という釣具セットを見てみると、投釣用となっていた。。。。
受付で竿をレンタルし、エサのイクラも購入した。
スタッフから8時になったら放流しますんで、それから釣ってくださいね。と言われたので、陣地を確保し、タバコを一服していたのだが、ヨッシーは釣りモードに入ったのか無言で糸を垂れだした。
「8時から放流らしいで」と声をかけても、水面をみたまま「はあ」という生返事をかえすのがやっとという集中モードにはいっていた。
もくもくと準備をするヨッシー
われわれ親子もヨッシーに続けと糸を垂らしたが、いっこうにアタリなし。当然である。
放流前でアタリもなく、数分もしないうちに、またタバコに火をつけた。
余談だが、ここはベンチも多く、灰皿もいたるところに設置されており愛煙家にとっては非常にありがたい施設である。
いつになったら釣れるん?と愚息が聞くので、あと25分、8時になったら釣れるわ。と面倒臭そうに答えると、集中していたヨッシーから「何か、せっかく自然に来てるのに、8時なったら釣れるという返事はいかがなものかな」とつっこみがあった。
しかし、放流するまで連れそうな気配がないので、それまでジタバタしても仕方ないのがおやじ流である。
と、そのとき隣のカップルのギャルの方にヒットが!
釣れるんか!?と思うのが早いか、竿を持つのが早いか、すぐに釣りを始めた。
愚息も慌てたおやじを見て、竿を持って釣りだした。
・・・・が、ヨッシー含めアタリはまったくなし。
やはり8時か。
ヨッシーも当たりなし
さて、8時になると台車にバケツを積んだ兄ちゃんたちがわっさわっさとやってきて、勢いよくバケツのイワナを川に流し込む。
まさか、目の前でバケツからイワナが放流されるとは夢にも思っていなく、少し興ざめである。
やはり愚息にはその光景はみせたくなかったなぁ。
管理釣場でロマンもへったくれもないかもしれないが、何か手品のネタばれみたいなもので、少し残念であった。
さてアタリはというと、やはりさすが8時である。最初の5分ほどはアタリもなかったのだが、ヨッシーを皮切りに釣れるわ、釣れるわ。
まあ、なんだかんだといって釣れると楽しいものである。
愚息釣り
またまた釣りあげました。
ガンガン釣りあげるヨッシー
釣りはじめてから1時間もしないうちに20匹ほど絶え間なくヒットが。
最初のうちは楽しかったものの、イクラを針につけて糸を垂らすと、ほどなくヒットという繰り返しで、正直「もう、ええっか」というダレた雰囲気に。(笑)
釣れなくても怒るし、釣れすぎてもダレるという素人おやじの典型。
釣りも飽きてきたな・・・
数匹釣ると、すっかり飽きた。エサのイクラが気にかかる。
愚息も数匹吊り上げると、最初のテンションはどこへやら。
ヨッシーが釣りあげてるそばで、エサのイクラを眺めながら「イクラ食べたいな・・・おいしそうやな・・・食べられへんのかな・・・」とブツブツつぶやきながらヨッシーの集中力を削いでいた。
もう、これ以上、釣っても喰えんでぇ。そろそろメシにしようや。充分やで。すっかり釣竿をベンチに横たえてタバコを吸う素人おやじの提案で10時には釣るのを辞め、早々にバーベキューの用意をはじめた。
私が炭に火をおこしてる間に、ヨッシーには岩魚をさばいてもらった。なかなかの手際で次々と岩魚をさばくヨッシー。
さばく
冷水で手がかじかみます。
この日は天気はよかったが風が強く、また体感温度も結構低かった。そういう状況での山水は非常に冷たい!玄人はちゃんとゴム手袋を持ってきていたので、次回は必ず持参しなければと心に固く誓った。文句も言わずに冷水にさらされながらさばいてくれたヨッシーには感謝である。

うまそうに焼けてきましたぞ。
カンパイ!
カンパイ!※かなり凍えるヨッシー・・・。


お役立ち情報
朽木渓流魚センター
朽木物語(朽木観光協会)
朽木オートキャンプ場
道の駅・くつき本陣

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る