記事の詳細

ヨッシーの超初心者・ビギナー向け釣り講座
今回の初心者向け釣り講座は、釣りに行った際重要な「釣りのマナー」についてお話したいと思います。前回に引き続き、釣りに行く前には必ず覚えてもらいたい事項です。

 

迷惑行為をしない

ゴミを捨てないで…

地球釣りに行くと、からまったライン、釣りエサの入ってたビニール袋、弁当殻、空き缶・ペットボトル、釣具のパッケージなど結構な量のゴミが発生します。

当たり前ですが、こういったものは絶対に現場に捨てないで下さい。

釣場でよく目にするのが、釣エサの入ってたパッケージです。また釣具、特にルアーや釣りバリ類のパッケージのゴミなどもよく釣り場に捨てられています。

こういったものを平気で捨てていく人の気がしれません。自分が地元の住民だったら…ということを考えて下さい。
釣り人のゴミ放置が問題になり、釣り禁止になった釣り場もあります。

駐車場所に気をつけよう!

有名な釣り場周辺の住民の方から苦情が多いのが、ゴミとこの駐車の問題です。
釣り場の側に駐車場スペースがある場合はよいのですが、無いときに狭い道路の路肩や私有地等に強引に駐車する釣り人が結構います。

自分の敷地や家の周りに、よその人達がたくさん駐車して交通に支障をきたしたらどう思いますか?
釣り場の側に駐車スペースが無かったり、地元の人に迷惑がかかりそうなら、多少歩くことになったとしても、問題の無い場所を探して車をとめるようにして下さい。

探しても車を停める場所が無い場合、素直にあきらめて下さい。
そして次回からは小型のバイクで来るなり公共交通機関を使うなりして対策をたてて下さい。

釣り場で大騒ぎしない

釣り場で大騒ぎするのはやめましょう。例外はありますが、魚釣りは基本的に静かにして釣るものです。
特に河川の釣場などでは、周りで大騒ぎされると魚は確実に逃げて釣れなくなってしまいます。こういった釣り場でにぎやかにやりたいならば、他の釣り人の居ない場所でやって下さい。

他の釣り人がいる場所で釣りとバーベキューをやる場合、いったん釣り場から離れてバーベキューをおこなって下さい。

周りに注意する

周りに注意する釣りの最中、特に仕掛けを投げ込む時は必ず周囲を確認して下さい。
仕掛けには当然ハリが付いてますし、投げ釣の時は糸の先に重たい鉛を付けて振り回す訳ですから、近くに人が居る場合は事故が起きる可能性が有ります。

特に釣りに夢中になっていると、いつのまにか近づいていた見物の人に気付かない時がありますので注意して下さい。

混みあった釣り場では…

週末、有名な釣り場に出かけると大抵の場合混みあっています。ひどい時は釣り人が防波堤にびっしりで、まるで通勤電車を待つ都会の駅のホームみたいです。
そういった時、自分はどこで釣りすればいいのだろうか迷います。これは初心者だけではなく、ベテランであってもそうです。

釣りをする場合、隣の人とは一定の距離を取らないとお互いにまともな釣りができなくなります。近づきすぎるとお互いの仕掛けがからまってしまったり、安全の上でも問題があります。

混みあった釣り場では無理して割り込まないこと、混みあってなくても隣の釣り人には「こんにちは」とか「釣れてますか?」とか軽くあいさつしておくといいですよ。

またその際、「まったくの初心者で釣りはほとんど知らない。一匹でもいいから釣ってみたい…」というようなことを謙虚に伝えれば、喜んでいろんな情報を教えてくれるものです。
また、隣の人と仕掛けがからんでしまった場合は早めの「スミマセン…」が効果的です。

混みすぎてまったくダメそうな時は、思い切って場所を変えましょう。嫌な思いをするよりいいですよ。
そして釣りに慣れてきたら、自分で「人にあまり知られていないよく釣れる釣り場」を開拓して楽しみましょう。

ルールを守ろう!

ウニ海や川に釣りに行ったとき、その場所の規則に従わなければならない時があります。

例えば磯に行った時海中にウニやサザエがいても、ワカメやヒジキなどを見つけても捕ってはいけない場合がほとんどです。

こういった商品価値のある生き物や海草は、地元の漁業規則で捕ってはいけないことが規定されていることがほとんどです。どちらかわからない場合は地元の漁協で確かめるか、地元の人に聞いてみましょう。
また、川や湖にもこういった規則がよくあります。

サザエアユやヤマメ、ワカサギなどが居る川や湖は、だいたい漁業協同組合があり、釣りをする場合はこの漁協にお金を支払う仕組みになってます。(漁協は集めたお金でこういった魚を川や湖に放流しています)

支払い方法や金額・ルールについてはその川の漁協に電話・メールにて問い合わせるか、または釣具店のスタッフに聞いてみるとわかる場合があります。

漁協組合のある川には、普通その旨を記した立て札が川岸に立ててありますので、川で釣りをする場合はこの立て札の存在に気をつけて下さい。

まとめ

気持ちよく釣りしたいのはみんな同じです。せっかくの休みの日、お互い気分の悪くなるようなことはやめましょう。我々の釣りは遊びです。ムチャなことをしたり人に迷惑をかけるようなことまでして釣りをする必要はまったくありませんよ。

この初心者講座は当初、全8回で終了の予定でしたが、連載していくうちに「これもあれも…」となってしまい結局延長することになりました。今後もしばらくはよろしくお願いします。
次回の初心者向け釣り講座は「やってみよう!初めての釣り」というタイトルで実践編を行いたいと思います。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る