記事の詳細

先日、家に帰るやいなや、5歳の長男が一目散に私のところに駆け寄ってきた。
大事そうに箱をあけて
「これで一緒に遊ぼ!」と差し出したのが下の画像。

長男のために「釣った魚が必ずわかるカラー図鑑」という本をフィッシングエイトで購入したのだが、それを参考に同じ種類の魚カードを2枚作成し、神経衰弱で遊ぼうということだった。
画像の通り大きさがバラバラなので、一度やってしまうと、次からは完全にわかってしまうのだが、愚息はおかまいなしに何度もやって楽しんでいた。
ムシキングだののカードを買ってもらうのではなく、本一冊から己で創作していく姿勢は我が息子ながら感心である。
今は宝箱(お中元でもらった和菓子の箱)に大事にしまってある。
今度、一緒に色つきのカードを作ってやろう。


ワカメのカードにはワロタ。

関連記事

全国キャンプ場リスト 全国釣船リスト 全国管理釣場リスト 全国河川漁協リスト
2018年4月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る